【大事なお知らせ】おがくず、〇〇しまーす!!

皆さんこんにちは。
新年度の初月も早くも終盤に差し掛かっております春暖の候、いかがお過ごしでしょうか、鎖音プロジェクトのおがくずです。

新天地にて不安と戦っている方も多いことでしょう。
私は毎年悩まされている「五月病」が今から不安で仕方ありません。
お互い頑張って生きましょう

 

さて、さっそく本題に入らせていただきたいのですが、
「悪いお知らせ」「暗い発表」のような印象をなるべく避けようと意気込んで書き始めたはずが、早々に堅苦しい文章になっており先行きに不安を感じております、
鎖音プロジェクトのおがくずです。

 

あまり引っ張っても仕方がないので、いざ参りたいと思います。

 

 

 

私おがくずはこの度、2018年6月の鎖音ファンミーティングをもちまして、
鎖音プロジェクトを卒業する運びと相成りました!

 

 

 

まずは先日のファンミーティングでの発表からウェブ上での発表までタイムラグが生じてしまったことを謝らせてください。
申し訳ございません、文章書くのが下手すぎてまとまらなかったんです…

少し長くなりそうなので時間のない方は↓の箇条書きの文だけ読んでいただければ結構です。

簡潔にまとめますと、

 

 

◆卒業の理由は主に「やりたいことの変化」と、ラブマツ・おがくず両者の「作品作りにおける環境の追及」

◆ラブマツとはラジオ等何かしらの形で一緒の活動を続けます

◆おがくず個人での活動を再開します

◆余裕があれば鎖音の編集もたまに手伝うかも

◆ファンミーティングに代わるスタジオボンドでの何かしらのリアルイベントも引き続き行う予定

◆5月26日のライブが鎖音としてのおがくずのラストライブになります

 

 

ここからは詳細を説明させていただきます。
つたない文章ですが、時間のある時で構いませんので最後まで読んでいただけますと幸いです。

 

 

卒業の理由として、一番に挙げられるのが「やりたいことの変化」です。

自分が鎖音に加入したのは、2016年の3月あたりにマツくんから鎖音で一緒に活動しないかと誘われたのがきっかけでした。
当時、よく似た感性を持ち合わせた同志であり親友であり憧れでもあった彼に誘われたことが非常に嬉しかったことを覚えております。

 

2016年4月に鎖音へ加入してから2年間、様々なことを学びました。
教わり、技術を盗み、自分を認めてくれて鎖音に誘ってくれたマツくんについていけるように必死にしがみつきました。
その中でも一番自分に変化をもたらしたものが「3DCG」です。

 

自分は鎖音に入るまでは独学で動画編集やエフェクト付けなどをやってはいたものの、
ただの趣味レベルのお遊びでしかなく、マツくんの足元にも及ばないスキルしか持ち合わせておりませんでした。
そこで、自分はどうしたら鎖音に貢献できるかを考えた結果行き着いたのが、
当時ちょうど抜けのあった「3DCG担当」という穴を自分が独学で勉強して埋める事でした。

 

そういった経緯を通じて学んだ「3DCG」というスキル及びジャンルに非常に興味と感心を持ち始め、
それから時を経て徐々に、「おがくず」という存在と「3DCG」を関連付けた作品づくりがしたいと思うようになりました。

(Tik Tok にアップした動画や今年の節分にTwitter にアップした動画にわかりやすくその心情が表れてます。)

 

また、鎖音で製作する動画は基本的に製作期間が長く体力の消耗も激しく特にお金になるわけではありません。
鎖音の活動が「やりたい事」であるうちはそんなことは度外視して楽しんでやっておりました。
しかし、先に記載したように他に「やりたい事」ができてしまった。
するとだんだん[自分の今本当にやりたい事]と[鎖音の活動]を天秤にかけるようになってしまい、
製作期間をかけたわりに再生数がいまいち伸びていないここ最近の鎖音の動画群を見つめ思うところもあり、
徐々にモチベーションも下がっていってしまったというのが本音です。

 

また、自分の現在の活動のスタンスの目標として「動画投稿はあくまで趣味!普通に働きながらやりたい!」という想いがあります。

趣味としてやるのであれば今本当にやりたい事をやりたいというのもまた本音です。

 

「おがくず」個人での活動もやりつつ鎖音での活動も続ければよいのではないかという意見もあるとおもいますが、鎖音加入当時はそのつもりでした。
しかし2年間活動してその両立は叶いませんでした。
おそらく今も両立は難しいと思います。

加入時「おがくずとしての活動も続けます!」と豪語しておりましたが2年間自分のニコニコアカウントおよびYouTubeチャンネルが更新されることは一切ございませんでした。
やってて気づいたのですが、自分は一つのことに夢中になると他はおざなりになるタイプのようです。
当時「おがくず」の活動に期待を寄せてくださっていた方々を失望させてしまったこと、
今では大変申し訳なく思っております。あの頃は鎖音が楽しすぎて周りが見えておりませんでした。

 

 

もう一つの大きな理由としては、
自分の存在が鎖音プロジェクトおよびラブマツに悪影響を与えているように感じたからです。

 

かなりデリケートであり難しい話ではあるのですが、
加入時に自分はマツくんにあることをお願いしておりました。
それは、
「以前の鎖音の他メンバーのような立ち位置にはなりたくない」
といった内容でした。

 

要するに、自分もマツくんと同じくらい目立ちたかったんです。

今考えると大してパフォーマンスもできないのによくそんなおこがましいこと言ったもんだなって感じです。

 

自分もマツくんも自己顕示欲の塊なので、基本的に「出たがり」です。
そうなってくると、作品づくりや演目づくりにおいて、
「あ、こいつここで目立ちたいんだろうなあ…でも俺も目立ちたいしなあ…どうすっかなあ…」
というような気の使い合いが発生しておりました。

 

これが著しく作品づくりに悪影響を与えていたように感じます。

 

僕たちはお互い言いたい事を言い合えるようで実はこういった自分の欲に関することに関しては腹の探り合いをしてしまう癖があります。

結果、作品・演目は中途半端な出来になったり、制作のスピードが下がったりすることが多々ありました。

特にこのラブマツとかいう男は非常に他人に気を遣う人間で、

自分が加入時に言った言葉が彼の中で呪いのようにまとわりついて枷になっているように感じました。

これが私が鎖音を卒業する二番目の理由です。

 

 

その他、目指す方向性の微妙なズレなどもあり、マツくんと二人で話し合った結果、
鎖音プロジェクトを脱退する運びとなりました。

2年間本当にお世話になりました!!!!!鎖音プロジェクトで得たものは決して無駄にはしません!!!!!!
ほんとうにたのしかったです!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

でもさ!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

わたしたち他に馬鹿できる友達いないじゃん!!!!!!!!!

 

 

 

関わりなくなったら精神的に死ぬじゃん!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

だから新しく二人でラジオやりません!?!?!?!?!?!?!?

→あっさり了承してくれました。さっすが~

 

 

 

ということで、鎖音を抜けてもマツくんとはなにかしら一緒に活動していきます。
極寒アイス鍋またやりましょう。

あと鎖音ロボ動かすときは言ってください。

 

まだ詳細は未定ですがスタジオボンドをお借りしての私とラブマツのリアルイベントもやる予定です。

だからみんなにも会えるヨ。やったね。

 

 

研究生たちへ

 

サル

あんたはここ数か月でかなり成長したよ!
おじさんビックリしてるよ!もうわたしより動画編集画像編集できるよ!
鎖音で得たスキルを活かしてぜひ就活がんばってつかあさい!
滑舌悪すぎて面接で名前言う時点で無限に聞き返されるだろうけどな。

ケン

あんたもかなり成長したよ!
加入当時はパソコンも触れなかったのに今ではカメラもフォトショもこなすもんなあ!
人間的にも高校生の時とは別人みたいだぞ!
あとお前デブキャラなのに痩せてんじゃねえよ3食家系ラーメン油多めにしろ。

 

バックレて飛んでった研究生たち

許さん☻

 

 

はい!というわけで、おがくずは6月のファンミーティングをもちまして鎖音プロジェクトを卒業いたします!!!
早ければ来月には自分のチャンネルの方を更新したいなと思っております!

 

鎖音としてのおがくずのラストライブは5月26日のCOS LIVEになります!!!
皆さんぜひお越しください!!!!
(詳細はツイッターやお知らせ欄をCHECK!)

 

それでは、今後とも「鎖音プロジェクト」および「おがくず」をよろしくお願いいたします。

 

じゃあの!あと2か月間よろしくな!

 

おがくず

 

 

 

 

PAGE TOP